伊沢拓司って何者?「QuizKnock」CEOは正月、富谷観音に初詣

テレビ

クイズバラエティ「クイズ王」やウェブメディアYouTubeチャンネル「QuizKnock」などで知られる伊沢拓司さんが話題ですが、皆さんはご存じでしょうか?

クイズをメインとした様々なコンテンツを取り扱う「株式会社QuizKnock」を立ち上げ、CEO(最高経営責任者)を務めている傍ら、タレントとしてはクイズバラエティ番組「東大王」の解説や、TBSの朝の情報番組「グッとラック!」の月曜コメンテーターなどで活躍中です。


今回はそんな、毎年お正月は茨城で、富谷観音(小山寺)に必ず初詣に行き、おみくじを引くというのが、定番だったという伊沢拓司さんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

伊沢拓司さんの生い立ち

本名 :伊沢拓司(いざわたくし)
生年月日:1994年5月16日
出身地:埼玉県(出生は茨城県)
身長:170cm
血液型:B型
趣味:アコースティックギター、スポーツ観戦、筋トレ
所属事務所:ワタナベエンターテインメント

元々小学生時代からサッカーをやっていた伊沢拓司さんは、開成中学校入学した当初はフットサル部に入部したのですが、高校生ばかりの練習についていけず、やる気を失ってしまい退部した後は、開成学園クイズ研究部に入ることになります。

高校生時代にはクイズ研究部でクイズ研究に明け暮れていたという伊沢拓司さんですが、中学3年生の頃にも高校生以下を対象にしたクイズ大会である「高校生オープン(第18回)」で大会史上初となる中学生優勝を果たしています。

さらに高校生時代の伊沢拓司さんは引き続きクイズ研究部に所属し、高校1年生時の「第30回全国高等学校クイズ選手権」に出場して開成学園クイズ研究部を初優勝に導き、さらに翌高校2年生時の「第31回全国高等学校クイズ選手権」でも優勝しました。

個人の記録としては「全国高等学校クイズ選手権」の2連覇は史上初の快挙でした。

そんな感じで有名になった伊沢拓司さんは、高校2年生まではクイズの研究に明け暮れていたそうで、意外なことにその影響で勉強がおろそかになり授業に身が入らず成績がワースト100位ほどまでに落ちてしまったのだそうです。

そのために一時は、東大模試の数学で解答欄を全てうめたのにも関わらず0点を取った事があるくらい勉強がわからなくなっていたそうなのですが、その後、高校2年生の終わり頃から猛勉強して東大経済学部に現役合格しています。(さすがモノが違いますね)

伊沢拓司さんの両親について

伊沢拓司さんの父親は、薬用酒として有名な「養命酒」のメーカー「養命酒製造」の広報課で働いていた方で、名前は「伊沢隆司」さんということがわかっています。

伊沢拓司さんの父親の伊沢隆司さんは、1956年3月、茨城県の生まれで、水戸第一高校を経て早稲田大学教育学部を卒業後、養命酒製造に就職し定年まで勤め上げています。

2018年に養命酒製造を退職し、現在は「自由人」を自称し、旅人として全国600以上の銭湯を巡ったりしているらしく、伊沢拓司さん曰く、父親は「消息が全然つかめなくてたまに連絡が来るくらい」との事で、まさに「自由人」として生きているみたいです。

伊沢拓司さんの母親についてはあまり公にされていないようで、リサーチ会社に勤めていたとの情報が出ているようですが、真偽のほどはわかりません。

また、伊沢拓司さんの両親は2人とも大の読書好きで、一人っ子だった伊沢拓司さんも幼い頃から自然と読書に親しんで見聞を深めていったようです。(基礎ができていたんですね。)

スポンサーリンク

伊沢拓司の学歴~東大王までの・・

私立暁星小学校卒業

中高一貫の私立開成中学校(偏差値77)

開成高等学校(偏差値78)に内部進学

開成中学校、開成高校は、中高一貫教育をする私立男子校で、長年東京大学合格者数で日本一であることが知られています。

東京大学経済学部(偏差値67.5)に進学

高校生時代からクイズ王として知名度を上げていた伊沢拓司さんは、東大在学中だった2016年に、「右脳も左脳もヨロコブ」をコンセプトにウェブメディア「QuizKnock」を立ち上げ、編集長に就任します。

2017年にはYouTubeチャンネル「QuizKnock」

「東大クイズ王・伊沢拓司を中心としたメンバーが、ガチンコクイズや盛り上がるゲーム、激ムズ入試問題など様々な無理難題に対し、頭脳と根性で挑戦していくチャンネル」

チャンネル登録者数 158万人(2021年2月15日現在)も開設してYouTuberとしてもデビューし、さらに知名度が上昇。

同年4月からTBSでレギュラー放送がスタートしてクイズバラエティ番組「東大王」の第1回に出場した伊沢拓司さんは見事優勝し、お茶の間での知名度が爆上がりしました。


大学卒業後は東京大学大学院農学生命科学研究科へ進学するも、2019年1月に大学院は自主退学

東京大学大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻修士課程に入った当時は、研究職につきたいと考えていた伊沢拓司さんでしたが、大学院にいざ入ってみると、自分よりもできる人がたくさんいたことに気付いたとのこと。

その中でやっていくことも考えたそうですが、自分にできることは何なのかをもう一度よく考え、大学院を卒業して研究職に着くという道ではなく起業の道を選択し、株式会社QuizKnockの設立を決心しました。

クイズもさることながら、その博識で多くのテレビ番組に引っ張りだこになった 伊沢拓司さん。

スポンサーリンク

主なテレビ出演番組には、

東大王(TBS、2017年4月 – )

グッとラック!(TBS、2019年9月30日 – )

林修の今でしょ!講座(テレビ朝日、2019年8月27日 – )

アイ・アム・冒険少年(TBS、2019年9月18日 – )

お願い!ランキング(テレビ朝日、2019年10月1日 – )

ヒルナンデス!(日本テレビ、2020年7月3日 – )

run for money 逃走中(フジテレビ、2021年1月2日)

などがあります。

最後に一言

以前に「東大卒クイズ王として知られる伊沢拓司は、運転免許試験に落ちたことがある」との噂が広まったことがあり、「伊沢拓司は運転免許試験の筆記試験に不合格しております」と番組で自ら認めるという事態がありました。

そのことから、「東大王の超難問より難しい鴻巣センターの学科試験」とか、埼玉県の鴻巣センターの試験は他に比べても大変に難しいというふうにネット等では言われる事となりました。(挑戦者が増えたとの情報も・・・?)

そんなおちゃめな一面も持ち合わせている伊沢拓司さんは、現在も「株式会社QuizKnock」のCEOを務めながら、テレビタレントとしての活躍の場をさらに増やしています。

YouTubeチャンネルやテレビ、ラジオなど八面六臂の大活躍でかなり稼いでおられるようで・・・(うらやましいぞ、コノヤロー)

これからも体には十分気をつけて

その笑顔を見せてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました