ロンブー淳の生い立ち。福岡県那珂川市へ移住計画?東京の豪邸は・

テレビ

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんと、FUJIWARAの藤本敏史さんと原西孝幸さんが出演する、長野県のSBC信越放送の番組で「前略 ロンブー淳様 私、移住しました」というのがあります。

三人がロケを繰り広げる特番の最新作が全国ネットで放送されたみたいですね。

ざっくりと内容を紹介すると、雑誌「田舎暮らしの本」(宝島社)2020年2月号の読者アンケートで「移住したい都道府県ランキング」14年連続1位となり、「移住天国」と呼ばれている長野県で暮らす、個性的な移住者から届いた手紙を元に彼らの自宅を訪ね、移住のリアルをのぞき見していくという内容です。


本編に登場する家族は、

花火に一目惚れ!住民みんなが花火師の村に移住した(長野県阿智村・伊東家)

狩猟に夢中!音大卒の移住者は猟師で民泊管理人(長野県東御市・福田家)

冬の屋外でシャワー!大自然と生きる男(長野県小海町・平田家)の3家族です。

田村淳さんの言葉として、移住した人がどれだけ今までの生活と変わって心豊かに生活しているのかという部分を観てほしいとのことです。

今回はそんな、こんな番組に出演しているからでしょうか、移住計画があると噂されている田村淳さんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

田村淳さんの生い立ち

本名:田村淳(たむらあつし)
生年月日:1973年12月4日
出身地:山口県下関市(彦島)
出身高校:山口県立下関中央工業高校
血液型:0型
身長:167cm
所属事務所:よしもとクリエイティブエージェンシー

株式会社LONDONBOOTS代表取締役
所属グループ:ロンドンブーツ1号2号
2013年9月に元ファッションモデルの香那さんと結婚

山口県下関市の彦島で生まれた田村淳さんの父親はクレーンの運転手、母親は地元の病院で看護師をしていました。

狭い社宅の団地暮らしで裕福ではなかったのですが、お腹がすくと塩むすびや鳥の唐揚げ、手作りの麦みそから仕立てたみそ汁を作ってくれる、自慢の母親がいつもそばにいてくれたおかげで、幸福な子ども時代を過ごしました。

しかし、18歳で芸能界を夢見て上京するときは自慢の母親に猛反対されました。

それでも、最終的には背中を押してくれたおかげで現在に至ります。


歌手の安室奈美恵とは2010年1月にアメリカへ旅行し、帰国後の交際宣言では世間を騒がせました。しかし、結婚かと思われていた矢先に破局を迎えました。

そして、2013年9月17日、元ファッションモデルの香那と入籍したことを発表。

2016年10月に第1子となる女児が誕生し、2020年6月に第2子となる女児が誕生しました。

自宅は東京都杉並区の住宅街にあり、土地の面積424.69㎡の上に建つ豪邸は二世帯住宅で、奥さんのご両親と一緒に暮らしているようです。

時価総額は5億円くらいと言われている豪邸なのに移住を考えているのか?ムムッ!

スポンサーリンク

田村淳の移住計画!

アナザースカイでは田村淳移住計画!?福岡県那珂川市へと題して、芸能界きってのアイデアマンが心惹かれた理由やお気に入りのお店を紹介されていました。

地元産の野菜や果物を使用したパン屋さんmina pannでは杉野さんが手作りのパンを作っています。

また、手作りパン工房madoka、石窯で焼く店主の手作りピザはクリスピーな食感とチーズが美味しいと評判。

完全予約制のうどん屋。わらの蔵 恕庵の特徴は、身体にやさしいうどんということですが、なんと、大将は元とんこつラーメン屋さん。

福岡県那珂川市の水が田村淳さんには合っているみたいですが、東京生まれ東京育ちの奥さんは反対している模様です。

すでに移住は決めていて土地も探しているとのことなのですが、完全移住ではなく東京にも拠点を置きながらの福岡移住を模索しているみたいですね。

移住には反対?の奥さんのプロフィール

本名:西村香那(にしむらかな)
生年月日:1983年11月18日
出身地:東京都
身長:174cm
所属事務所:フロントエスプリ・ディヴィジョン
活動内容:モデル

スポンサーリンク

常に新しいことに挑戦し続ける男

田村淳さんと言えば、有名なのが大学への入学意欲ではないでしょうか?

青山学院大学の受験失敗に始まり、慶応義塾大学の通信課程の学生として大学生活をスタートさせていたんですが・・いつの間にか辞められていたんですね。

そして、2019年4月には、慶應義塾大学大学院のメディアデザイン研究科で大学院生に、なっていたことをSNSでは発表しました。

若い子たちと同じフィールドで学ぶことについて、最初は気恥ずかしさもありましたが、入学する時に年齢を言い訳にしないということだけは決めていた田村淳さん。

何もしなければ何もしないまま終わっていくという言葉通り、一連の行動は執念さえ感じます。

大学院は何年で卒業するつもりなのでしょうか?移住が叶うのはずっと先になるかもしれませんね。

最後に一言

家族はいっしょに行かれると思いますが杉並の豪邸は、手放すんでしょうか?

気になることはいっぱいありますが、道は一つではないし方向転換は悪いことではないと本人もおっしゃっていますから・・・

これからも我々に、インパクトを与え続けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました