ホネボーンのエミリ・アメリカ人の母と確執が・・うつ病だった?

テレビ

モデルであってホネボーンというインディーズでの歌手活動もされている2020年には今度こそ、絶対に来る!とささやかれているEMILYエミリ)さんをご存知でしょうか?

テレビ東京の「THE☆カラオケバトル」に出演後、その人懐っこいキャラクターで、人気が高まりすぐにブレイクするだろうといわれて早5年なかなか火が付きませんが・・・

ハーフ特有のかわいらしさと美しさ、そしてとっつきやすい明るい性格でファンを魅了しているエミリさんはどんな方なんでしょうか?

そんなEMILY(エミリ)さんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

HONE BOON ホネボーン・エミリのプロフィール

名前:EMILY(エミリ)
本名:吉澤江未理
生年月日:1990年9月18日
出身地:東京都杉並区高円寺
血液型:A型
身長:167cm
特技:サッカー
職業:ヴォーカル、作詞、作曲、MC、モデル
家族構成 両親 兄


まず、お顔立ちからわかるようにお父さんが日本人でお母さんがアメリカ人のハーフですね。

ちなみにお父さんは栃木県宇都宮市出身だそうです。

エミリさんの両親はずっと共働きで、保育園のお迎えもベビーシッターさんがいつも来てくれていたそうで、「あの人ってエミリちゃんのお母さん?」と、聞いてくる友達に、「んー違うけどお母さんみたいなもん」と答えていたらしいとのこと。

それでも家族は仲が良くて家族旅行も結構行ってたようです。しかし、母がアメリカ人ということもあって夫婦喧嘩は激しくそんな両親をみて、反面教師で大声は出したくないし、物にもあたりたくないという確固たる気持ちが芽生えたとも語っています。

彼女は人間関係が原因で大学生の時にうつ病になったが、母が紹介してくれたカウンセリングに通うことでなんとか症状は落ちついていったとのことを話しています。

ずっと母のことが理解できずにいたが、今なら母という人間と心から向き合おうとしているし、母から逃げることなくまっさらな自分でいられると心の内を明かしています。

物事は本当にとらえ方次第なのかもしれないと・・・

EMILYさんが音楽に出会ったのは2006年、当時は16歳の高校生でした。

スポンサーリンク

音楽ユニットホネボーンとは?

EMILYさんが所属する音楽ユニット「HONEBONE」の相棒であるKawaguchi shinsukeさん

(カワグチシンスケ)がバンド結成の際に、近所で有名だったEMILYさんをバンドに誘ったのが始まりでした。

当初のバンドメンバーは5人でしたが、それぞれが辞めていき、現在はEMILYさんとkawaguchi さんの2人となりました。

エミリさんがヴォーカル、カワグチさんがギターを担当しています。

ちなみにバンド名の由来は、バンド名を考えている最中にたまたま散歩してたらごみ捨場にあったケンタッキーのチキンの骨に由来しているとのこと

カワグチさんについては非常に情報が少なく「1985年生まれ」で「日本人」であること、程度の情報しかありませんでした。

アコースティックギターと歌のみのスタイルで、日本語にこだわった生々しくも飾らない歌詞で綴るLIVEは吉本新喜劇ばりに笑いあり涙あり!

楽曲や歌声の素晴らしさは、すでに高い評価を受けているHONEBONEだが、大物芸能人を虜にするEMILYのキャラクターもバンドの魅力の一つでもあるようです。

誰でも構わず、歯に衣着せぬ彼女のトークを見てファンになった視聴者も多いはず!

また、お笑い芸人の三四郎・小宮とは、番組で一緒になったのを機に仲を深めたらしく「小宮さんとは高円寺でめっちゃ飲むんですよ」と小宮とは飲み仲間だと明かしています。

スポンサーリンク

音楽ユニットホネボーンの軌跡

2015年10月に自らの音楽性の”骨組み”となる決定盤『SKELETON』をリリース。

TOWER RECORDS渋谷店にて2週連続インストアライブを行う等、異例のプッシュを受けます。

2015年冬からEMILYがテレビ東京系「THE カラオケ★バトル」に出演。

タレント陣からもそのキャラクターや歌声を絶賛され、お茶の間に進出することで更に認知度がアップしていきます。

2020年公開の品川庄司・品川ヒロシ監督の新作映画『リスタート』EMILYが主演として抜擢。

​劇中音楽・主題歌もHONEBONEが担当するなど、更に活躍の場を広げています。

2020年春よりNHK BSプレミアムにてレギュラー冠番組『うたう旅 ~骨の髄まで届けます~』がスタート。

HONEBONEの2人が、働く人たちが心の奥底に抱える“本音”をギターと即興歌で・・


 

まとめとして

明るいキャラクターの下に壮絶な過去が隠れているエミリさん。

いじめにあっていたこと、鬱になったこと、母が理解できずに確執が生まれたことなど生きていくことは簡単ではないですね・・・

音楽ユニット「HONEBONE」のボーカルとして活動するEMILYさんはとっても美しく、すばらしい歌唱力を持った魅力的な女性です。

どんどん注目度が上がっていきそうですね!

今度こそ大ブレイクしてお茶の間を席巻してください。期待しています。

がんばれエミリ!がんばれホネボーン!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました