萩原みのりの生い立ち。新体操~脇役~看板女優へドラマ『RISKY』

俳優

10代のころから演技力を高く評価され、本来ならスター女優として同世代のトップに引けを取らない逸材ではあるものの、不思議なほどに世に知られるのが遅れたように感じる萩原みのりさんですが、皆さんはご存じでしょうか?

2013年に、テレビドラマ『放課後グルーヴ』のオーディションに合格したことにより女優デビューを果たすと、現在に至るまで主役を立てながら作品のためにバイプレーヤーとして尽してきました。

今回はそんな、演技が上手いが故に脇役に溶け込んでしまい、逆に目立ちにくくなるというカメレオン女優ならではの真骨頂を地で行く萩原みのりさんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

萩原みのりさんの生い立ち

本名:萩原みのり(はぎわらみのり)
生年月日:1997年3月6日
出身地:愛知県名古屋市
学歴:名古屋女子大学付属中学・高校
血液型:B型
身長:155cm
活動内容:女優
事務所:スターダストプロモーション
2018年5月に、ソニーミュージックアーティスツから現在所属しているスターダストプロモーションに移籍しています。
家族構成:父、母、弟


萩原みのりさんの家族構成で分かっているのは父、母、弟がいるという事で、萩原みのりさんの家族仲は非常に良いそうで、父親も母親も大好きと話しています。特に父親に対してはLOVEで、ファザコンとまで言われています。

目元の涼しい端正な容貌を持つ萩原みのりさんは、新体操の選手を目指して小学2年生の頃からトレーニングをしてきたと言います。

小さいときからプロの新体操選手になるのが夢で、自分の意思で地元の学校ではなく新体操の強豪校を受験して、中学時代には相当なトレーニングに打ち込んでいたそうです。

萩原みのりさんの出身校は名古屋女子大学付属中学・高校で、新体操界では強豪校としてその名を知られています。

強豪校だけあってかなり部活は厳しかったらしいです。怖い先生にビシバシ指導を受けて毎日必死に部活、部活の毎日でした。

そんな萩原みのりさんなんですが、中学1年生の夏の終わりの頃に背中の病気でドクターストップがかかり手術して、色々治療してまた2.3年後に手術して、治療は完了したものの新体操は断念してしまいます。

体を壊して夢を諦めざるを得なかった、そんなときに今のマネージャーさんに名古屋駅でスカウトされて、まさかの芸能界入りを果たすことになります。

当初は芸能界についてよくわかっていなかったそうですが、親や友人に相談しているうちにせっかくのご縁なんだからと考えはじめ、芸能界へ入ることに決めました。

しかし、芸能界はそんなに甘いものではなく、事務所に入りたての頃はレッスンの先生が怖かったり、厳しい言葉をいろいろ言われることがありました。

それでも、どんだけ言われてもめげずに立ち向かえたのは、新体操の練習を考えるとなんでもないことと思えて乗り越えることができました。

スポンサーリンク

新体操~芸能界デビューへ

2012年のベネッセコーポレーション「進研ゼミ・歌う新高校1年生」編でCMデビューを果たすと、2013年、テレビドラマ『放課後グルーヴ』のオーディションに合格したことにより女優デビューすることとなりました。

ドラマ『放課後グルーヴ』は主演は高梨臨が演じ、他にも余貴美子大和田伸也といったベテラン俳優が出演していました。このドラマは学園もので、萩原みのりさんは、不登校の生徒・本田千夏役を演じていました。

2013年に、映画”ルームメイト”に出演し、映画デビューを飾ると、 2014年に、”ASIAN KUNG-FU GENERATION”が手がけた作品”スタンダード”がリリースされ「MVデビュー」も果たしています。

そして出世作となる2015年7月期に放送されたドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)。

萩原みのりさんは同作に、佐々木美子役でレギュラー出演。東京・表参道にある「表参道高等学校」が舞台のドラマで、昔は合唱部の名門校として知られていた学校を立て直して、かつての栄光を取り戻していく物語が描かれています。(主演は芳根京子

萩原みのりさんは、メガネをかけた目立たない存在で、クラスでは圏外扱いで普段は根暗で合唱部のメンバーの前だと、急にお喋りになる佐々木美子役を演じていました。

この作品では萩原みのりが演じる佐々木美子の恋物語も描かれており、1つの見所となっていました。あるとき、学校一の美少女である谷優理亞(吉本実憂)により、メガネで地味な印象から美少女へと変身した佐々木美子。すると、「佐々木美子を演じている女の子は誰?」と話題が集中することに。

こうして、萩原みのりさんの知名度が一挙にアップしました。これまでの役は割りと暗めの役が多くこんなに明るい役は初めてでとても幸せな気分になった撮影だったと後に語っていました。

2016年に、新国立劇場の舞台”遊侠 沓掛時次郎”で舞台デビューを飾ると、2017年4月公開の映画『ブルーハーツが聴こえる』に出演。

伝説のロックバンドと称される「THE BLUE HEARTS」の6つの名曲を映像化したオムニバス映画の中で萩原みのりさんが出演するのは、その中の『ハンマー(48億のブルース)』というエピソード。同エピソードは飯塚健がメガホンをとり、尾野真千子が主演を務めていました。

2017年6月には、映画『昼顔』に出演。『昼顔』は、2014年に放送されたドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ系)を映画化した作品で、西谷弘がメガホンをとり、上戸彩、斎藤工伊藤歩らが出演していました。

スポンサーリンク

最近のドラマ出演作品としては、

I”s(2018年1、BSスカパー!)

虫籠の錠前(2019年 、WOWOW)

SICK’S 覇乃抄 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜 第七話(2019年、Paravi)

37セカンズ(2019年、NHK BSプレミアム)

病室で念仏を唱えないでください 第7話(2020年、TBS)

Memories〜看護師たちの物語〜(2020年、BS日テレ)

やっぱりおしい刑事 第2話 -(2021年 、NHK BSプレミアム)

RISKY〜復讐は罪の味〜(2021年、MBS )


お茶にごす。(2021年、テレビ東京)

最近の映画出演作品には、

普通は走り出す(2019年10月)

転がるビー玉(2020年2月)

37セカンズ(2020年2月)

ステップ(2020年7月)

僕の好きな女の子(2020年8月)

13月の女の子(2020年8月)

アンダードッグ(2020年11月)

佐々木、イン、マイマイン(2020年11月)

花束みたいな恋をした(2021年1月)

街の上で(2021年4月公開予定)

などがあります。

スポンサーリンク

最後に一言

電子コミック配信サービス月間利用者数2800万人の「めちゃコミック」でランキング1位を獲得。

「めちゃコミック」のオリジナル作品で、累計ダウンロード数は1700万超えの人気作。

CMでも話題の人気漫画『RISKY~復讐は罪の味~』を実写ドラマ化した『RISKY』が3月25日から始まりましたね!

ドラマ特区『RISKY』(MBS:毎週木曜24:59~、テレビ神奈川:毎週木曜23:00~)で、恐ろしい復讐を企む主人公・広瀬ひなた(ひろせ・ひなた)役に本作が地上波の連続ドラマ初主演を務めることになった萩原みのりさん。

幼い頃に両親を失い、姉に育てられたヒロインが、姉の人生を狂わせた“女”に復讐を仕掛けていく、スリリングで急展開な痛快ラブ・サスペンスです。

復讐の結末も、原作には無いドラマオリジナルの内容となっており、話数を重ねるごとに明らかになる衝撃の事実にも注目したいところです。


近年、バイプレイヤーから看板女優に変貌しつつあり、今後も連続ドラマ『賭ケグルイ双』(Amazon Prime)や今泉力哉監督作の映画『街の上で』など話題の出演作が控えている萩原みのりさんを期待せずにはいられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました