間宮祥太朗の生い立ち。139㎞速球で野球と役者の二刀流へアタック

俳優

15歳の役者デビュー以降、コメディからシリアスまで幅広いジャンルの作品で存在感を発揮してきた間宮祥太朗さん。

最近、コマーシャルでもよく見かけ、何かと話題を振りまいている超カッコイイ俳優の間宮祥太朗さんが実は、プロ野球の始球式で芸能人最速となる139㎞を記録したのを知っていますか?

個性的なキャラクターから難役までを見事に演じる実力派俳優として、着実に知名度を上げてきた間宮祥太朗さん。

俳優としての才能も抜群な彼が野球のセンスもあるなんて、天は二物を与えたのですね。今回はそんな、間宮祥太朗さんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

間宮祥太朗さんの生い立ち

芸名:間宮祥太朗(まみやしょうたろう)

本名:馬渡祥太朗(まわたりしょうたろう)

生年月日:1993年6月11日

出身地:神奈川県横浜市

出身高校:神奈川県立神奈川総合高等学校

血液型:O型

趣味:ギター、映画鑑賞、音楽鑑賞

特技: 野球、殺陣

身長:179センチ

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント


小学生の頃から自然と映画好きになったという間宮祥太朗さんは、日曜日の夕食後に、家族で映画を観るのが習慣となっていたとのことで・・

最初の頃は、両親の好みの作品を鑑賞していたのですが、祥太朗少年自身も徐々に、映画に興味を持つようになっていきます。

とにかく映画が好きで、映画に携わる仕事をしたいと強く思っていた祥太朗少年でしたが、そんなときに今の事務所に声をかけてもらって芸能界に足を踏み入れることになります。

中学時代は、図書カードがもらえるからと、雑誌『Hana*chu→』の読者モデルをしていたことも・・・アリ!

2008年『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ系)の生徒役で俳優デビューを飾った間宮祥太朗さん。以来、数多くのドラマ、映画に出演されています。

最近では、「アタックZERO」のCM松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、杉野遥亮らとの共演で肩を並べるなど、目覚ましい躍進ぶりなんです。

「アタックZERO」のCMでの、情に厚くてちょっとおバカなムードメーカーのキャラ設定は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(18年)で演じた夢見がちな八方美人、森山涼次を彷彿とさせるなど、ファンからの反響も多くあったようです。

スポンサーリンク

最近のドラマ出演作品としては、

僕はどこから(2020年、テレビ東京)

エ・キ・ス・ト・ラ!!! 第1話(2020年、関西テレビ)

ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜(2020年、NHK総合)

アリバイ崩し承ります 第6話(2020年、テレビ朝日)

大河ドラマ 麒麟がくる(2020年 、NHK)

SUITS/スーツ2 第12話(2020年、フジテレビ)

#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜(2020年、日本テレビ)

オー!マイ・ボス!恋は別冊で(2021年、TBS)

最近の映画出演作品には、

帝一の國(2017年4月29日)

お前はまだグンマを知らない(2017年7月22日)

トリガール!(2017年9月1日)

全員死刑(2017年11月18日)

不能犯(2018年2月1日)


食べる女(2018年9月21日)

翔んで埼玉(2019年2月22日)

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年6月28日)

殺さない彼と死なない彼女 (2019年11月15日)

東京リベンジャーズ(2021年)

などがあります。

スポンサーリンク

間宮祥太朗さんの野球歴は?

プロ野球のタイガース対ベイスターズの始球式でのピッチングが、動画に上がっていました。あんなにいいフォームでしかも、速球を投げることができる間宮祥太朗さんですが、なんと野球歴は小学1年生から中学3年生までの8年間だけだそうです。

さすがにポジションはピッチャーをやっていたらしいのですが、そのまま野球を続けていたらどうなっていたんでしょうね。

なにせ、芸能人ではゴールデンボンバーの樽美酒研二さんが135キロで、ENERATIONSの関口メンディーさんは133キロを出していますが、二人は高校時代、野球部の主力選手だったということですから、間宮祥太朗さんは速い球を投げれる素質があったということですよね。もったいないなあ・・

野球選手と俳優の二刀流なんて見れたかも・・

それでも役者さんを目指すのであれば、なかなか二刀流とはいかないでしょうね実際。人前で演技をするということは、簡単のことではないと思うし、すごい努力と勉強をしているのだとドキュメント番組で見たことがあります。

裏ではみんな頑張っているんですよね。

最後に一言

私は、間宮祥太朗さんが多分まだ十代のころだと思いますが、金八先生のドラマに出演してた時の、表向きはいい子を演じているが実は、裏で糸を引いている首謀者の役がすごく印象に残っています。

今は役者になった喜びしかないと、この仕事で人生を全うしようと思っている間宮祥太朗さん。

これからも、映画やドラマなどでの活躍が期待されるステキな役者さんになっていってくれることを望みます。

皆さんも応援していきましょう。

最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました