岡田健史の生い立ち。長崎創成館高校の野球部から桜の塔のキーマンへ

俳優

小学2年生から野球を始め、高校は野球の強豪校・長崎県の創成館高校に進学するも、甲子園への夢が果たせなかった岡田健史さん。そんな彼の野球一筋だった高校時代には、心に残っている言葉があります。

高校の野球部監督からの「気づきの多さが勝敗を分ける」という言葉です。

気づきが多ければ多いほど次の行動に移せることから「気づきの多さが勝敗を分ける」と説かれました。しかもそれは社会に出ても通用することだから絶対に忘れるなって言われていました。

今、野球を離れてみたからこそ尚更、強く感じているそうです。“無理はしていいけど無茶はするな、手を抜かずに全力であれ”と言われて育った岡田健史さんは、両親にも深く感謝しているとのこと。

自分のことを子ども扱いせずに、ひとりの人間として見てくれて、深い感謝と愛情をもって接してくれたことで、子どもの頃から運動にしても、勉強にしても、努力して得た成功体験があるから、努力することを惜しまないでいられると、躍進の裏にある確固たる思いを明かし健やかに、真っすぐに進む姿がキラキラしています。

今回はそんな、家事は全般、何でもやれて苦にならないらしく、洗濯と掃除は目に見えて達成感があるから、大好きだと言う岡田健史さんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

岡田健史さんの生い立ち

名前:岡田健史(おかだけんし)
本名:水上恒司(みずかみこうし)
出身地:福岡県
出身高校:創成館高校
生年月日:1999年5月12日
星座:おうし座
血液型:O型
身長:180センチ
特技:野球
趣味:筋トレ、映画鑑賞
職業:俳優
所属事務所:Spice Power

岡田健史さんは、小学校2年生から野球を始めると、地元福岡の野球チーム「ヤング福岡ライナーズ」に所属すると、そこからは一心不乱に野球に打ち込み、高校は特待生として、長崎県諫早市にある野球の強豪校・創成館高校に進学しました。

創成館高校は、2015年の岡田健史さんが高校1年生の時、初の甲子園出場を果たし、一回戦で勝利をおさめ、2018年には、長崎代表として春・夏連続で甲子園出場を果たしています。

岡田健史さんのポジションは、キャッチャーでしたが、如何せん強豪校ゆえに、多くのライバルに囲まれ、なかなかレギュラーの座を奪うことは難しかったようです。

それでも3年生の時に初めて「第99回全国野球選手権長崎大会」の3回戦で、キャッチャーとして先発出場し、4打数2安打という活躍をしましたが、チームは準々決勝で敗れてしまい、甲子園の夢は叶いませんでした。

スポンサーリンク

野球漬けの中で、芸能界のスカウトが・・・

実は、岡田健史さんは中学1年生の時に、現在の所属事務所「スパイスパワー」にスカウトされ、以来、5年間に渡り、ずっとスカウトされ続けていたのだそうです。

ただ、岡田健史さんは、当時は熱心に野球に打ち込んでおり、高校も野球の強豪校に行ってその後は、社会人野球に進もうという目標を持っていたため、芸能界に興味はなかったとのことでした。

岡田健史さんは、高校3年生の夏に野球部を引退するのですが、その頃、高校の演劇部の顧問の先生が男子キャストを探しており、校長先生が岡田健史さんに目をつけて、助っ人として出てくれないかと声をかけられたそうです。

高校には野球の特待生で入れてもらったのに、レギュラーとして甲子園にも行けず、結果を出すことができなくて、恩返しのつもりで助っ人の話を引き受けました。


舞台は、長崎で1945年8月9日に原爆が落ちる11時2分から1時間前の、ある家族の日常を描いた作品。特攻隊に行くことを報告しに行くという役どころでした。

演技をする楽しさや、挑戦することへのやりがいを感じ、ワクワクした気持ちで地区大会から県大会へと駒を進め、県大会の時には、審査員の方に名指しで褒められたそうで名指しでの賛辞がめったにないことから、うれしくなり「俳優になりたい」と思うようになったそうです。

こういった経緯で、5年間スカウトされ続けてきた事務所「スパイスパワー」に入所することになった岡田健史さんは、2018年に、中学教師と生徒の禁断の恋を描いたテレビドラマ「中学聖日記」のオーディションを受けます。

すると見事、主人公・末永聖(有村架純)の相手役・黒岩晶役をゲットしてしまいます。「もう、めちゃくちゃうれしかった。人生で一番うれしかった(笑)。それと同時にデビュー作でこんなに大きな役をいただいたことへの責任感も感じました。」と後のインタビューで語っています。

同作では、担任教師の聖(ひじり)に恋をした黒岩の純粋さ、その凜々しい顔立ちや品を感じさせる大人びた佇まいの反面、ドラマ初出演で俳優デビューの初々しさが役柄とも相まって視聴者は、ときめきポイント100ポイントを差し出してしまうほどの勢いでした。

スポンサーリンク

ストイックな姿勢と真面目さで・・・

その後、2019年7月19日、福岡放送開局50周年記念スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』でテレビドラマ初主演を飾ります。本作は、東京の男子高生と博多弁女子が織りなす上京ラブコメディーで、主演の東京(あずま みやこ)役に抜擢。

2019年10月より配信された「ABEMA」オリジナルドラマ「フォローされたら終わり」では連続ドラマ初主演を果たした岡田健史さん。

小川紗良、中尾暢樹、松田るか、ゆうたろう、犬飼貴丈など期待の若手俳優たちが顔をそろえ、スマホ世代の中で過去のある理由から“SNS嫌い”になった異質な存在の主人公・仲村壮太郎を好演しています。

話題を呼んだTBS系ドラマ「MIU404」では、感情が高ぶった瞬間に、つい博多弁になってしまう警察官僚の息子で新人キャリアの九重世人役を演じて、綾野剛星野源の凸凹バディやベテランの橋本じゅんから様々な影響を受けまくり、刑事としても、また俳優としても成長していく姿が垣間見られました。

2020年末、これまで成田凌岩田剛典、松坂桃李、高良健吾、オダギリジョーらが受賞してきた日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の石原裕次郎新人賞映画『望み』(2020年10月9日公開、KADOKAWA)で受賞しました。(パチパチ!)

スポンサーリンク

主なテレビドラマ出演作品としては

中学聖日記(2018年、TBS)

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?(2019年、福岡放送)

MIU404(2020年、TBS)

大江戸もののけ物語(2020年、NHK BSプレミアム)

いとしのニーナ(2020年、フジテレビ)

これっきりサマー(2020年、NHK総合)

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!(2021年 、日本テレビ)

大河ドラマ 青天を衝け(2021年 、NHK)

などがあり、映画出演作品には、

弥生、三月-君を愛した30年- (2020年3月公開、東宝)

望み(2020年10月公開、KADOKAWA)

ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-(2020年11月公開、ワーナー・ブラザース映画)

新解釈・三國志(2020年12月公開、東宝)

劇場版 奥様は、取り扱い注意(2021年3月公開予定、東宝)

などがあります。

最後に一言

イケメンでありながら、ストイックな姿勢と信念に裏打ちされた眼差しの強さがあり、浮ついたところが一切なく謙虚でいられるのは、野球で培ったストイックさや真面目さからきているのか・・・それが、そのまま今の芸能活動に現れているようです。

テレビ朝日の木曜ドラマ『桜の塔』で、キャリア組警察官の若手刑事・富樫遊馬役を演じている岡田健史さんですが、刑事役を演じるのは実に3回目となる本作では、上司に思いを寄せる実直な好青年な一面を見せていましたね。


しかし、第一部が終わり5年後が描かれる第二部では、警察内部の出世バトルを中心にストーリーが展開していく中で、捜査二課へ異動し上條漣(玉木宏)の部下となります。
この展開はクライマックスでは、必ずキーマンとなる役割があるはずなんです!
こうなると最後まで、岡田健史さんから目が離せませんよね。
ということで毎週欠かさずご覧くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました