秋に行きたい!日本の観光地定番情報!京都嵐山!

屋外

その1:京都 嵐山

渡月橋は別格としても嵐山と言えばやはり
最初に浮かぶのは、渡月橋の北側、嵯峨野
に広がる竹林の小径です。

 

ここからスタートするのがいいでしょう。

数万本の竹が生い茂る様は、まるで平安時代
にタイムスリップしたかのごとく感じられます。

人力車に乗って車夫たちによる観光案内を
聞きながら竹林を散策するコースも人気です。

まず初めに言っておかなくてはなりませんが
嵐山は観光地ながら近隣に住宅地が多く、駐車場も
少ないため、車でのアクセスはおすすめできません。

そのため、嵯峨野観光鉄道・トロッコ嵐山駅下車や
京福電鉄嵐山線・嵐山駅下車がおすすめです。

竹林の散策コースのルート上にあるのが
源氏物語の謡曲『野宮』にも登場する
歴史深い神社「野宮神社」です。

御祭神は「縁結びの神様」「子宝安産の神様」
として、そのご利益に授かりたい人々が訪れる
パワースポットです。

また、本殿の敷地内にある「野宮大黒天」
のそばにある「お亀石」を撫でながら願い事を
すると 1年以内に成就するといわれています。

嵐山エリアの中心部にある天龍寺は
竹林の道からのアクセスも容易なので
やはり外せない場所かな?

百人一首にも読まれた紅葉の名所「小倉山」の
中腹にひっそりと佇む寺「常寂光寺」は

1596(慶長1)年に創建された歴史あるお寺です。
山門から仁王門、本堂へと続く山道では紅葉が
広がり有無も言わさぬ美しさです。

真言宗大覚寺派の総本山として知られる大覚寺
は、嵯峨天皇が檀林皇后と成婚した際に、

新たな居住地として作った離宮「嵯峨院」を
弘法大師である空海が876(貞観18)年に
寺院として改めた場所です。

書院造の正寝殿には狩野山楽筆の襖絵や
墨絵などの障壁画が多数所蔵されており

宸殿には、同じく狩野山楽筆の牡丹図
紅白梅図など貴重な重要文化財があります。

 

渡月橋を南に渡った先にある標高160mの岩田山
山頂には、「嵐山モンキーパークいわたやま

というお猿さんでいっぱいのスポットがあります。
パーク内には約120頭のお猿さんがおり、
訪れた人たちに愛嬌を振りまいてくれます。

 

渡月橋を渡ってすぐの場所にある阪急嵐山線
嵐山駅から1駅目の松尾大社駅で下車し、南へ

15分ほど歩けば、鈴虫寺こと「華厳寺
があります。こちらは、鈴虫の声を聴きながら
住職の説法を受けられることで有名なお寺です。

鈴虫寺のすぐ隣には、苔寺としても知られる
有名な「西芳寺」があります。

100を超える種類の苔に覆いつくされた庭園は、
まさに夢の中にいるかのような美しさで
非日常を味わうにはうってつけの場所です。

スポンサーリンク

いっぱい回ればおなかも空いて

「嵐山」の観光エリアには、人気の飲食店が
我ここにと、ばかりに鎮座しています。

竹林や天龍寺の最寄駅である京福嵐山線
嵐山駅前を走るメインストリートには

グルメの名店が立ち並んでおり、なかでも
京都の定番土産である「あぶらとり紙」で

有名な「よーじや」が手掛けるお食事処や
リーズナブルに京湯葉、湯豆腐を楽しめる
お店では、京都らしい食事を堪能できます。

最後には、やはりお土産

嵐山に来たのなら、ここならではの、お土産を
選びたいですね!京福電鉄嵐山線・嵐山駅の

目の前の「嵐山昇龍苑」には、京都土産の
老舗が10店舗以上集まっています。

是非ここで、京都の思い出を選んでください。

それでは、よい旅を満喫してくださいませ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました