中井貴一の生い立ち。高倉健のおかげで俳優継続!ミキプルーンの人

俳優

確固たる地位を築いている俳優でありながら全く気取らない姿に、とても好感が持てる中井貴一さん。

『DCカード』や『ミキプルーン』のCMでは親しみやすさを存分に発揮してくれていますよね!

今回はそんな、不揃いなリンゴたちの中井貴一さんについて探っていこうと思います。

中井貴一の生い立ち

本名:中井貴一(なかい きいち)
生年月日:1961年9月18日
出身地:東京都世田谷区
血液型:A型
身長:181センチ
体重:70センチ
出身高校:成蹊高等学校
出身大学:成蹊大学経済学部
活動内容:俳優、歌手
所属事務所:オフィス貴貴
家族構成:妻
父は俳優の佐田啓二

中井貴一さんは、3歳の誕生日を目前にして交通事故で、父で俳優の佐田啓二さんを亡くしています。

高校時代はテニスに夢中になり、テニスコーチを職業にすることを考えるほど打ち込んでいました。

しかし、子供のころから赤面症で俳優になるなど考えたこともなかった中井貴一さんは、運命というか、父である佐田啓二の17回忌の法要の際に映画監督の松林宗恵にスカウトされ芸能界デビューへと導かれることになります。

本格的に俳優としての活動を開始したのは成蹊大学在学中で、1981年公開の松林監督の映画『連合艦隊』への出演でスクリーンデビューを果たし、同作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

1983年にTBS系で放送された『ふぞろいの林檎たち』で主役を演じたことで中井貴一さんの知名度は作品のヒットと相まって爆発的に急上昇しました。

尚、この作品は約15年にわたる4シリーズが製作されるなど人気作品となりました。

2005年公開の『亡国のイージス』では「日本を敵視する某国のスパイ」の演技も、各方面から賞賛されポテンシャルの高さを証明しました。

スポンサーリンク

最近のドラマ出演作品としては、

山田太一ドラマ 時は立ちどまらない(2014年、テレビ朝日)

きんぴか(2016年、WOWOW)

娘の結婚(2018年、テレビ東京)

記憶(2018年、フジテレビNEXT/J:COM)

共演NG(2020年 、テレビ東京)

連続ドラマW「華麗なる一族」(2021年、WOWOWプライム)

などがあり、映画出演作品は

グッドモーニングショー(2016年、東宝)

幸福のアリバイ〜Picture〜(2016年、東映)

本能寺ホテル(2017年、東宝)

花戦さ(2017年、東映)

嘘八百(2018年、ギャガ)

空母いぶき(2019年、キノフィルムズ)

記憶にございません!(2019年、東宝)

嘘八百 京町ロワイヤル(2020年、ギャガ)


などがあります。

2019年の映画『記憶にございません!』では、第43回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、第44回報知映画賞主演男優賞、第62回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞しています。

スポンサーリンク

時代が時代だけに厳しかった新人時代

シリアスからコミカルまで数多くの代表作を持つ俳優・中井貴一さんですが、出世作品といえばやはり、学歴差別を題材にし15年に渡る人気シリーズとなったドラマ「ふぞろいの林檎たち」が1番に挙げられますよね。

このドラマの演出家・鴨下信一さんは、かつて俳優らに“鬼演出家”として恐れられた人で、中井さんは撮影の間中、今では考えられないような朝9時から夜の11時までずっと、怒鳴られっぱなしだったと言い、そのときに本気で引退を考えたほどだったとか…まだパワハラなんて言葉もない時代ですから、トホホですなぁ

中井貴一さんの父親は国民的大スター

中井貴一さんのお父さんは、映画『君の名は』の大ヒットで一躍国民的スターとなった俳優・佐田啓二さんです。

実は中井貴一さんは“2世俳優”だったのです。

佐田啓二さんは撮影所前の食堂で働いていた益子さんと結婚。中井貴一さんと4つ年上の姉の中井貴恵さんと、ともに幸せな日々を送っていました。

しかし、中井貴一さんがまだ物心もついていない2歳11ヵ月の夏に、お父さんの佐田啓二さんは車で仕事に向かう途中、国道の橋の欄干に激突し、帰らぬ人になってしまいます。

事故の原因は、運転手の居眠り運転だったようですが。父親の事故原因について問う中井貴一さんに、お母さんは「運命だったのよ。理由はない。お父さんの運命は37歳だったのよ」と答えたと言い、1回も運転手の『居眠りだった』とは言わなかったようです。

誰かのせいだということを一切言わず、その結果中井貴一さんは人を恨まないで育ったということで、それに関してはお母さんの教育が徹底していたということでしょうか。

スポンサーリンク

初めて現場から逃げようと思った映画

唐の時代を描いた2003年の中国映画「ヘブン・アンド・アース 天地英雄」

この映画で日本人唯一のメインキャストを務め、海外作品に初挑戦した中井貴一さんは、この映画出演のオファーが来たときに高倉健さんに相談しています。

「海外の映画1本で日本の映画10本分の大変さを経験できる。それを乗り越えるのに必要なことはお前が苦労すること。自分を苦難の道に陥れることしかない」と言われて挑んだ中井貴一さん。

中国の慣れないやり方や過酷な環境に耐えきれず、撮影の途中で我慢の限界を超え、ホテルで荷物をまとめていたときに日本から一本の電話が鳴ります。

電話の主は高倉健さんで、中井貴一さんが電話口で中国での過酷な環境を打ち明けると、高倉健さんは「映画を撮りに行った人間が途中で仕事をほっぽりだして帰ってくるって一番だせえよな」と言われます。

その言葉に中井貴一さんは腹をくくり、仕事をやり遂げることを決めたそうです。

中井貴一さんは結婚しているの?

中井貴一さんは2000年の39歳の時に結婚しています。

結婚相手は6歳年下の一般女性で、名前は吉谷麻友子さんと言います。

ちなみに39歳は父である佐田啓二さんがこの世を去った年齢でした。

中井貴一さんと付き合っていたとして有名なのは、伊達公子さんですが、テニスという共通の趣味がありながら結婚には至りませんでした。

世界を転戦するプロテニスプレーヤーには、俳優の妻は務まらないと中井貴一さんの母親が反対したことが原因といわれていますが・・真偽のほどはわかりません。

スポンサーリンク

最後に一言

厳しかったお母様もお亡くなりになりましたが、厳しくしつけられたおかげで人に対する思いやりや、やさしさをしっかりと受け継いで、その人柄でお友達や仲間がたくさんできました。

年齢や経歴などに関係なく誰にでも同じように接してくれる中井貴一さん。

これからも息の長い役者さんでいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました