飯尾和樹がブレーク!癒し系芸人の妻は元レースクイーンの林宏美

テレビ

最近やたらと、テレビで見ることが多くなった普通のおじさんの雰囲気を持ったお笑い芸人の飯尾和樹さんですが、皆さんはご存じでしょうか?

バラエティー番組の出演だけでなく、なんとドラマやCM、おまけにエッセイ集も出すなどの大ブレーク中なんです。

素朴なおじさんというキャラが、視聴者を惹きつけるようで・・・

芸風も人を傷つけないネタが持ち味で、染み渡るようにじわじわと視聴者を笑わせます。

「癒し系」「素朴」「低姿勢」などと評される飯尾和樹さんのネタは、子供に見せても悪影響のない笑いで、時代がやっと飯尾和樹さんに追いついてきたという感じなのでしょうか?


本来は「ずん」というコンビで活動をしていますが、お互いピンでの仕事の方が多く、コンビでテレビに出ている姿はあまり見かけることはないのです・・・

「ずん」は結成20年ですが、飯尾和樹さんの芸歴は30年あまりになります。

今回はそんな、こびを売るタイプではなく自然体だから、同じ事務所の関根勤さんや明石家さんまさんとか、他の事務所の大御所にも、かわいがられている飯尾和樹さんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

癒し系芸人飯尾和樹さんの生い立ち

名前:飯尾和樹(いいおかずき)

生年月日:1968年12月22日
出身地:東京都 世田谷区
血液型:O型
身長:172㎝
出身高校:東京学園高等学校
所属事務所:浅井企画

同期の芸人は、キャイ〜ン、ナインティナイン、くりぃむしちゅーなど

小学校時代は少年野球チームに所属し、将来は、「早稲田大学を出てヤクルトスワローズに入りたい」と思っていた和樹少年でしたが、高校に入るころには自分の実力を見極めたようで、東京学園高等学校進学後はバレーボール部に所属します。

野球から方向転換し、お笑いを目指し始めた1991年、小学校の幼馴染みと「チャマーず」を結成しデビュー。フジテレビの『五コマくん』という番組がテレビデビューでした。しかし、翌年すぐに解散。

1992年、村山ひとしと「La.おかき」を結成(ツッコミを担当していました)

1997年のLa.おかき解散後から、しばらくは1人で活動していましたが、「ヘーシンク」というコンビを組んでいた1年後輩のやすを相方に迎え、2000年に「浅井企画の在庫品」、飯尾とやすで「ずん」を結成。現在も解散はせずに活動しています。

妻は、元レースクィーンの林宏美さんです

飯尾和樹さんは、結婚されており、妻の林宏美さんは飯尾和樹さんよりも13歳年下なんだそうです。

出会いは飯尾和樹さんが所属していた、関根勤さんが座長を務めるキンコンカン劇団に林宏美さんが後から入団してきたことから結婚に至ったのでした。

結婚に至る経緯も何とも面白い飯尾和樹さん。

それは、2012年の『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画で、約12年間交際し、1年前に破局していた二人を当番組の司会者である、石橋貴明さんがサプライズで飯尾和樹さんの前に、林宏美さんを登場させたことからでした。

飯尾和樹さんは、「もし、そちらに素敵な方がいませんでしたら…こうなったら最後に結婚して下さい」と突然プロポーズしたんです。

それに対し、林宏美さんは、涙目になりながら「お願いします」と、飯尾和樹さんの手を握りながら承諾しました。

しかし、これは番組側が考えていたシナリオとは真逆の結果で、飯尾和樹さんへのサプライズとして元カノである林宏美さんを仕掛け人として登場させ、「ごめんなさい」と言われ、振られるはずだったというから面白いものですね。

結婚披露宴も同番組のドッキリ企画として行われました。

そこに、ビートたけしさんがサプライズで参加し「ペッコリ45度」と言う飯尾和樹さんのギャグを祝辞にうまく取り入れられています。おかげで、会場は大いに盛り上がったそうです。

飯尾和樹さんに関するエピソードとして

 

『笑っていいとも!』でレギュラーを経験した後に、40歳で食えなくなった時期があったとして、元後輩芸人の清掃会社でアルバイトを3ヶ月ほどやってたことがある飯尾和樹さんは、自分が低迷している時期にタモリさんから言われた言葉が、自分の自信になったと言います。

その言葉とは、「自分が楽しいことやってればいいんじゃないか」でした。

ずっと同じことをやってたら、時代がやって来て、いつか必ずハマることがあるから、最後までやり通せ!という意味じゃなかったんですかね。


飯尾和樹さんは、どこまで謙虚なんだろうかという言い方をされています。『代表作が何だって言われたら、別にない。なんか今でも低空飛行で、お腹をこすらないぐらいで飛んでる感じがします』こんなことが言えるなんて、本当に人格者ですね。

そんな愛される存在の飯尾和樹さんですが、最近の活躍ぶりは以下の通りで・・

CMは5本もあり、主なものは

総務省『マイナポイント事業』の新TVCMに出演

2020年「ボートレース」新CMシリーズに出演

明治の栄養補助食品「TANPACT」のCMでは、
田中みな実との夫婦役での共演などがあります。

 

ドラマでは名バイプレーヤーぶりを発揮していて

アンナチュラル(2018年、TBS)

連続テレビ小説 半分、青い。 第98回(2018年、NHK)

獣になれない私たち 第8話・最終話(2018年1、日本テレビ)

私の家政夫ナギサさん(2020年、TBS)

私の家政夫ナギサさん おじキュン特別編2時間スペシャル(2020年、TBS)

MIU404 第8話(2020年、TBS)

明治ドラマスペシャル ずんずん!(2021年、テレビ朝日)


着飾る恋には理由があって(2021年 、TBS)

など、かなりメジャーな作品にも登場されています。

最後に一言

やっと、飯尾和樹の時代が来た!と言われている昨今、いかがでしょうか?

こんな雰囲気の方がテレビで見れるのは、本当に気持ちがいいですよね。

これからも気負うことなく自然体で、我々視聴者を和ませていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました