黒木瞳の生い立ち。夫は電通社員で、いじめ事件を起こした娘は何処へ

俳優

女優として舞台にドラマに映画にと活躍している黒木瞳さんですが実は宝塚歌劇団出身という事をご存知でしょうか。

宝塚時代にはいくつかの伝説があり、たった1週間バレエを習ったというだけで、宝塚歌劇団を受験。

当時の宝塚歌劇団とライバル関係にあった「松竹歌劇団」の名前をだして「松竹歌劇団でもよかった。」と発言してしまったそうで・・・

どれだけ才能がある方でも、このような発言をしてしまうと試験で落ちてしまいそうなものですが、なんと黒木瞳さんは見事に宝塚歌劇団に合格したそうです!

今回はそんな、稀代の大女優・黒木瞳さんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

黒木瞳の生い立ち

黒木瞳(くろきひとみ)
本名:伊地知昭子(いちじしょうこ)
生年月日:1960年10月5日
星座:てんびん座
出身地:福岡県八女市黒木町
血液型:A型
身長:163センチ
特技:ピアノ
所属事務所:ポエムカンパニーリミテッド
活動:女優、歌手、タレント、映画監督
元宝塚歌劇団月組トップ娘役


1960年に4人兄弟の末っ子として生まれた黒木瞳さんは、剣道7段の腕前を持つ父親の影響もあり、小学4年生から中学2年生まで剣道を習っていました。

福岡県立八女高等学校在学時には演劇部に所属し、次第に演技の才能を開花させていきます。

高校卒業後は、熊本県の音楽大学への進学が決まっていたにもかかわらず、記念受験として宝塚音楽学校を両親に内緒で受験して、倍率22.4倍の難関をくぐり抜け合格します。

もちろん宝塚のファンだったのですが、どんなところに宝塚があるのか、実際に現地に行って、自分の目で確かめたいというのが、入学試験に応募した理由でした。

1981年、宝塚歌劇団に月組の娘役として入団。『宝塚春の踊り』で初舞台を踏みました。

同期生には女優の涼風真世真矢みきなどがいます。

男役・娘役通じて史上最速となる入団2年目で、大地真央の相手役として『情熱のバルセロナ』でトップに就任することになりますが、1985年9月1日『二都物語/ヒート・ウエーブ』東京公演千秋楽を最後に大地真央と同時退団し、芸能界へと転進しました。

スポンサーリンク

宝塚から芸能界へ転身

1986年に東陽一監督作品の映画「化身」で初の映画主演を飾った黒木瞳さんは、この映画で全裸になったことが話題を呼びます。

宝塚関係者や宝塚ファンなどからは批判の声もありましたが、その演技力は高く評価され、女優としての地位を確立していきます。

その後はドラマなどをメインに活動していましたが、1997年に公開された森田芳光監督の映画「失楽園」に抜擢され、不倫を題材としたこの映画で瞬く間に黒木瞳の名が世に大きく知れ渡ることとなりました。

この映画の宣伝効果を狙ったのかどうかわかりませんが『失楽園』の原作者である渡辺淳一とは深い仲であったと噂されました。

しかし1990年に、三井不動産関西のCMに出演した際、制作を担当した電通社員の男性と結婚します。

1998年に、38歳で出産した女児が一人いることを公表しました。

2016年には映画『嫌な女』監督デビューも果たしています。

スポンサーリンク

最近のドラマ出演作品としては、

黄昏流星群(2018年、フジテレビ)

過保護のカホコ〜LOVE & DREAM〜(2018年、日本テレビ)


駐在刑事(2018年、テレビ東京)

犬神家の一族(2018年、フジテレビ)

砂の器(2019年、フジテレビ)

Iターン(2019年、テレビ東京)

TWO WEEKS(2019年、関西テレビ)

ファーストラヴ(2020年、NHK BSプレミアム)

SUITS/スーツ Season2 (2020年、フジテレビ)

恐怖新聞(2020年、東海テレビ)

などがあり、主な映画出演作品は、

化身(1986年、東映)

花園の迷宮(1988年、東映)

姐御(1988年、東映)

渋滞(1991年、アルゴプロジェクト)

略奪愛(1991年、東映)

四十七人の刺客(1994年、東宝)

藏(1995年、東映)

失楽園(1997年、東映)

学校の怪談3(1997年、東宝)

SADA〜戯作・阿部定の生涯(1998年、松竹)

花のお江戸の釣りバカ日誌(1998年、松竹)

金融腐蝕列島(1999年、東映)

T.R.Y.(2003年、東映)

阿修羅のごとく(2003年、東宝)

Tokyo Tower(2005年、東宝)

怪談(2007年、松竹)

The Crossing ザ・クロッシング(2014年、中国)

嘘を愛する女(2018年1月、東宝)

終わった人(2018年、東映)

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年、東宝)

などがあります。

スポンサーリンク

監督としても作品をのこしていて、
嫌な女(2016年、松竹)
わかれうた(2017年、ネスレシアター)
十二単衣を着た悪魔(2020年、キノフィルムズ)
があります。

1987年には、『化身』で第10回日本アカデミー賞新人俳優賞を、

1997年には、『失楽園』で第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得しています。

最後に一言

いろんなメディアで性格が悪いと言われてる黒木瞳さんですが、一つぐらい性格良いエピソードがあってもいいと思って情報を探してみましたが…

もう二度と一緒に仕事したくない!とか、付き人が気に入らないとすぐに解雇するなどのネガティブな情報しかありませんです。なんでやろ!?

数々の性格悪いエピソードを持っている黒木瞳さん、プライベートでファンが話しかけても無視、タバコを吸ってるとのウワサから娘が起こした事件まで・・

黒木瞳さんについて良いという意見があまり見られないようです。

それでも実際の彼女は、本当のところどうなのか?

一番会ってみたい女優さんです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました