綾瀬はるか・ホリプロ3人娘の生い立ち!天然ちゃんがユニクロのCMに・・

俳優

かつてはバラエティー番組で体当たり企画に挑戦するようなグラビアアイドルとしての活動が多く、後に女優としての活動が評価されて、現在の売れっ子女優としての地位を確立した綾瀬はるかさんですが、皆さんはご存じでしょうか?

女優業とは違って、バラエティ番組などで見せる天然発言も彼女の魅力として、すっかり認知されているようで「癒し系な雰囲気が良い」「明るくて元気になれる」など、ほんわかとした雰囲気に魅了されるファンも多く、今や女優としての地位を確立している綾瀬はるかさん。

広島から上京し都内の高校に通いながらグラビアやタレントとしての活動を開始しましたが、なかなかパッとせず、グラビアが嫌になっていた矢先にドラマ出演へのオファーが舞い込みます。それが女優として代表作となった「世界の中心で、愛をさけぶ」でした。

その後、多数の映画やドラマに出演し現在に至ってますが、相変わらずバラエティやクイズ番組ではオトボケ発言を連発していますね。

今回はそんな、深田恭子さん、石原さとみさんと並んで「ホリプロ三人娘」と呼ばれている綾瀬はるかさんについて探っていこうと思います。

スポンサーリンク

綾瀬はるかさんの生い立ち

名前:綾瀬はるか(あやせはるか)
本名:蓼丸綾(たでまるあや)
生年月日:1985年3月24日
出身地:広島県広島市
出身高校:広島県立祇園北高等学校
出身大学:帝京大学短期大学中退
血液型:B型
身長:165cm
趣味:お菓子作り・カラオケ
特技:スポーツ全般
所属事務所:ホリプロ

綾瀬はるかさんの実家は、代々続く野菜農家で、1つ上の兄が2005年に大学を卒業後、3代目として農家を引き継いでいるようです。

子供の頃は、外で遊ぶのが好きだった綾瀬はるかさんですが、よく転んでヒザなどにケガをしていたらしいです。勉強もスポーツも良く出来きたようで、特にスポーツは万能だったらしく、校内マラソンでは毎年10位以内には入っていたとのこと。

また、習い事も多く、ピアノ・そろばん・生け花・公文式・空手・習字など、忙しい小学校時代を過ごしていたようです。

中学に入ると、バスケットボール部で、センターポジションで活躍していたそうですが、バスケットのルールをほとんど知らないでプレーしていた綾瀬はるかさん「とにかくパスを渡すっていうのをやってたので、すごくルールに詳しくなくても、やっていけた」とのこと。(ここでも天然エピソード盛りだくさんありそうですね)

綾瀬はるかさんは、2000年4月、広島県立祇園北高等学校・普通科へ入学しています。この高校では、陸上部に所属していましたが、部活を好きになれなかったようで、「芸能人になれば部活をサボれるようになるから」という理由でホリプロタレントスカウトキャラバンに応募しました。

スポンサーリンク

審査員特別賞を受賞

2000年9月10日に第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞した綾瀬はるかさんは、2000年〜2002年はアイドルとしてバラエティ番組やグラビアを中心に活動していました。

2001年夏ごろに、芸能のお仕事と学業の両立のために、堀越高等学校・普通科トレイトコースに転校しています。

2003年3月に卒業すると、女優業にも本格的に進出。その一方でグラビア活動も継続し、「週刊ヤングサンデー」や「週刊ヤングマガジン」で表紙を飾るなど、そのダイナマイトボディを生かし、なかなかの活躍ぶりを見せています。

そんな中、2003年に帝京大学短期大学・国際コミュニケーション学科(現在は人間文化学科)に入学しましたが、芸能活動が多忙だったこともあり、やむを得ず大学を中退してしまいます。

お仕事の遍歴

新人アイドルとしてグラビアを中心に女優・タレントとして活動していた綾瀬はるかさん。2001年10月〜2002年3月、品川庄司の冠番組「品庄内閣」にアシスタントとしてレギュラー出演しています。

2001年には、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』第7話「魔犬の森の殺人」で医大生の二ノ宮朋子役で女優デビューを果たすと、2003年、フジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』で初の連続ドラマレギュラーに抜擢。

その後は妻夫木聡主演「ブラックジャックによろしく」や本木雅弘主演「幸福の王子様」などに出演するなど、女優業へシフトしていきますが、2004年頃までは主にグラビアアイドルとして活動。

写真集や週刊誌で肌を露出したり『コスモエンジェル』などローカル番組での体当たりのキャラでお茶の間の人気者になっていきます。

『コスモ★エンジェル』 (COSMO★ANGEL) とは、東海テレビとBSフジで放送されたバラエティ番組。

地球と双子の星「コスモ星」の5人のエンジェルたちが地球とコスモ星を救うため、メイド喫茶風の喫茶店「コスモ」でアルバイトをしながら地球の人々の悩みを解決していくというもので、エンジェル役には、デビュー間もない小倉優子なども起用されていました。

2004年には、TBS系ドラマ山田孝之主演『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロインに抜擢されると、映画版の長澤まさみと同様に剃髪するなど体当たりの演技で注目され、ブレイクすることに。

以降は女優業が中心となり、「あいくるしい」、「白夜行」など話題作に出演するようになります。

スポンサーリンク

2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演を果たすと、後にシリーズ化されるほどのヒットとなり、2012年には劇場版も制作されました。

この作品は、20代の人生の恋愛を半ば放棄して、ぐうたらに過ごす干物女と呼ばれている主人公の恋愛を描いており、主人公の性格・生活スタイルなどに共感出来る部分がある女性達の間で高い人気を得ていました。

2009年、映画『おっぱいバレー』での演技が評価され「第52回ブルーリボン賞」主演女優賞、「第33回日本アカデミー賞」優秀主演女優賞を受賞しています。

2013年、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主演を務めたことからNHK紅白歌合戦の紅組の司会者に抜擢されました。

2015年、出演作の『海街diary』で「第39回日本アカデミー賞」優秀主演女優賞、「第70回毎日映画コンクール」女優主演賞、「第37回ヨコハマ映画祭」主演女優賞を受賞し、「第68回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門に正式出品される運びとなりました。

2017年には、主演映画『本能寺ホテル』が公開。NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』に於いては、アクション女優としての資質を開花させ新境地を開拓します。

同年の『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)が全話平均視聴率12.7%、2018年の『義母と娘のブルース』(TBS系)が全話平均視聴率14.2%と軒並みヒットしている事から視聴率女王と言われるまでに・・・

最後に一言

女優の綾瀬はるかさんが主演を務めるTBS系日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』(毎週日曜21:00~)が絶賛放送中です。

本作は、綾瀬はるかさん演じる女性刑事と高橋一生さん演じるサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるスイッチエンターテインメント。

キャスト陣の演技力やストーリー展開を称賛する声が上がり、軒並み視聴率も上がっています。

是非ご覧ください!
追記:
女優の綾瀬はるかさんが、ユニクロLifeWearのスペシャルアンバサダーに就任


飾らない等身大の魅力で国民的支持を得ている綾瀬はるかさんは、ふだんからユニクロを愛用しているらしく、ユニクロのテレビCM第1弾として2021年2月12日からオンエアになっている「ジーンズ編」では、ふだん着の買い物をユニクロ店内で楽しみながら、ジーンズを試着した綾瀬はるかさんが、いきいきと自信にあふれた表情で登場しています。

これでまた一つ、テレビを見る楽しみが増えました。ありがとう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました